春に患者が増える花粉症の元凶

ライブの開催されるスペースやクラブなどに置かれたものすごく大きなスピーカーのすぐ脇で爆音を浴びて難聴になる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言います。 胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化に加えて煙草を吸う事・お酒を毎晩飲む事・肥満症等のライフスタイルの悪化、ストレスなどによって、現在日本人に多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなお子さんの花粉症の可能性

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・悪心・下痢の症状が出る程度ですが、細菌感染から来ている場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高い発熱が特徴だといえます。 吐血と喀血は両方とも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺を繋ぐ気道(き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉が飛散する時節の小さなお子さんの花粉症の可能性

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分けられますが、この中耳に黴菌やウィルスなどが付着して炎症が誘発されたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。 塩分と脂肪の摂り過ぎを控えて手ごろな運動に尽力し、ストレスを感じすぎないような毎日を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症の影響で朝からの活動に影響を及ぼす

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男性に多く見られる傾向があり、大体股間の辺りにのみ広がり、運動をしたり、お風呂上りなど身体が熱くなると激しい掻痒感を誘引します。 生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまったことで、あろうことか膵臓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレルゲンである花粉の飛ぶ量に追従して深刻になる花粉症

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの危険な症状が現れるのです。 拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、体中の血管に重い負担がかかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症の症状が元凶で睡眠不足

日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促すという作用で知られていて、血液の中のカルシウム濃度を操って、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を生成したりしてくれます 季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今日までの研究の成果から、ワクチンの効果を見込めるのは、ワクチンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症でクラスのみんなと行動できない子供

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことから、結果的に膵臓からは必要量のインスリンが分泌されなくなることで発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。 流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに合った予防テクニッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more