花粉が飛散する時節の小さなお子さんの花粉症の可能性

画像

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分けられますが、この中耳に黴菌やウィルスなどが付着して炎症が誘発されたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。
塩分と脂肪の摂り過ぎを控えて手ごろな運動に尽力し、ストレスを感じすぎないような毎日を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に防止する方法です。
脂溶性のビタミンDは、Caが体に吸収されるのを促進するという作用で知られており、血中のCa濃度を調節し、筋繊維の働きを操作したり、骨を作ったりします。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔からの出血ですが、喀血とは喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある消化管から出血する状態を表しているのです。
細菌やウィルスなどの病気を導く病原微生物、すなわち病原体が口から肺に入って感染した結果、肺の内側が炎症反応を起こしている事を「肺炎」というのです。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌というかびが股部、陰嚢、臀部などの部分に何らかの理由でうつり、定着してしまった病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常が主因で現れる湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてはステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏等が関わっています。
内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断されて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目か3項目全てに相当する健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼んでいます。
杉花粉が飛散する時節に、小さなお子さんが平熱なのに頻繁にくしゃみしたり鼻水が止む気配をみせない具合なら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
今、比較的若い世代で咳が続く結核に対しての免疫、すなわち抵抗力を保有していない人々が増加したことや、早合点のために診断が遅れることなどが主因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高いようです。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質について、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な産出を支えているかもしれないという事実が見えてきました。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、3~4日くらいきちんとお薬を飲めば、原則、8割~9割の患者さんの自覚症状は消え去りますが、食道の粘膜の炎症自体が完全に治ったとは断言できないので注意が必要です。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番多い中耳炎で比較的幼い子供に多くみられる病気です。強烈な耳の痛みや高熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などの多様な症状が出るのです。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの研究により、予防効果が望めるのはワクチン接種を受けた約2週間後から5カ月間ほどと考えられているのです。
結核への対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に従う形で促進されてきましたが、半世紀が経過した2007年から数多くある他の感染症と同じように「感染症法」に準拠して行われることとなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック