耳鳴りは、本人にしか聞こえないものと他人にも聞くことができるものがあります

354615_s.jpg

耳鳴りは分類することができて、本人にしか感じられないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人に加えて他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると聞くことができるらしい「他覚的耳鳴り」があるのです。


脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできた不要なコブが裂けてしまう事が原因となって起こる病だと認識されています。


内臓が脂肪過多になっている肥満と診断された上で、脂質過多、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3個に相当するような健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)というのです。


食事という行動は、食べ物をなんとなく口に入れて数十回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、それから体は本当に健気に動き異物を身体に取り込むよう努力している。


強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在するクッションのような役目を持っている椎間板という名前のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出した様子のことを称します。




亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために働く様々な酵素や、細胞・組織の維持活動に深く関わる酵素など、約200種類以上もの酵素の構築要素として非常に重要なミネラル分です。


通常ならば骨折はしない程度の小さな圧力でも、骨の限定された所に複数回にわたり続けてかかってしまうことによって、骨折が起こってしまう事もあり得ます。


ストレスが蓄積する原理や、便利で効果的なストレスを緩和する方法など、ストレスというものの基本的な知識を学ぼうとする人は、そんなに多くはありません。


気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、気分の落ち込み、不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの様々な症状が出現するのです。


AIDSというのはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全を招き健康体では感染しにくい日和見感染やがんなどを複数発症してしまう病状そのものを総称しているのです。




臓器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても密に関連しており、前立腺の癌も同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)の働きを受けて成長してしまうのです。


悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常ならば人をがんから護る作用をする物質を生産するための型のような遺伝子の不具合により発症してしまう病気だと考えられています。


結核への対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」にならう形でなされてきましたが、56年後の2007年から違う感染症と同じく「感染症法」という名の法律に従って実行されることに決定したのです。


男性だけにある前立腺という生殖器はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が非常に大きく関連していて、前立腺に発生してしまったガンも同様に、雄性ホルモンの作用を受けて大きく成長します。


吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺に続いている気道(きどう、呼吸器)から血が出る症状で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出る病状を表しています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント