子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、細菌が入りやすい形状をしているから

3177020_s.jpg

子どもの耳管は、大人のそれに比べると太くて短い形状で、かつ水平に近いため、様々な細菌が入りやすいのです。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが原因です。


メタボリック症候群であるとは言われなくても、臓器の脂肪が溜まる手合いのよくない体重過多を持っていることにより、深刻な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。


体脂肪量に変動が見られず、体重が食物摂取や排尿などにより一時的に増減する際は、体重が増えたら体脂肪率は低下し、体重が減ったら体脂肪率が上昇します。


通行中の交通事故や建築現場での転落事故など、とても強い圧力が身体にかかった場合は、複数個所に骨折が生じてしまったり、開放骨折に至ったり、ひいては臓器が破損することも考えられます。


AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全となって健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を複数発病する症候群そのものの事を称しています。




我が国における結核対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」にならう形で促進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは他の数ある感染症と一緒に「感染症予防法」という名前の法律に基づいて行われることになったのです。


くも膜下出血(SAH)は9割弱が脳動脈りゅうという脳内の血管にできる瘤(こぶ)が破裂して出血してしまうことにより罹患する深刻な脳の病気として知られるようになりました。


大多数の人に水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏や指の間にできやすい病気だと考えられていますが、白癬菌が感染する部位は決して足だけではなく、体の色んな部位にもうつるという可能性があるので注意してください。


体を動かすのに必要なエネルギーとして瞬時に働く糖質、人の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこんな体をキープするために欠かせない栄養成分までもを欠乏させている。


多くの人に水虫といえば足を想像し、ことさら足の裏に現れやすい病気だと思われていますが、白癬菌が感染する所は足だけではなく、体の色んな部位にも感染するという可能性があるのです。




高血圧(hypertension)が長期間継続すると、体中の血管に大きなダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまであちらこちらの血管に障害が生じて、合併症を発症するパーセンテージが高くなると言われています。


季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、数多くの研究結果により、予防効果を期待できるのは、接種の約2週後からおよそ5カ月間程度だろうということが判明しています。


寝姿を見ることなどで、入居者さんが犬のことをとても愛おしく感じる時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを減らしたりヒーリングにつながるのです。


20歳代、30歳代で更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病のことを指します(この国の場合40歳以下の女の人が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と呼ぶのです)。


日々繰り返される規則正しい日常生活の継続、腹八分目の実行、自分に合った体操など、古臭いとも思える身体に対する気配りがお肌の老化防止にも役立つのです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント