ナイアシンは、二日酔いの元凶と考えられている物質の無毒化に携わっています



音楽の公演の開催される会場やディスコなどに設置された非常に大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞き続けて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言います。

体脂肪量は変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減する際は、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が高くなるのです。

アルコールを無毒化するという作用のあるナイアシンは、辛い宿酔に効きます。辛い二日酔いの元凶物質と考えられているエチルアルデヒドという物質の無毒化に携わっています。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もせずに横たわっていても燃焼する熱量のことで、そのほとんどを全身の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が使っているということです。

骨を折ったことにより酷く出血した場合、低血圧になって目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失などのいろんな脳貧血の症状がみられる時もあります。



バイキンやウィルスなどの病気を齎す病原微生物が口から肺に進入し発病してしまい、肺の内側が炎症を起こしてしまっている境遇を「肺炎」と言います。

吐血と喀血はいずれも口腔からの出血ですが、喀血は咽頭から肺へと至る気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血は十二指腸よりも上部にある消化管から出血する状態を示しているのです。

今、比較的若い世代で感染症の一種である結核に抗する免疫力を持っていない人々が多くなったことや、自己判断のために診断が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増えているようです。

アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから約1ヶ月後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に切り替わるという医薬品もあるほど、後発医薬品は各国で知られているのです。

うつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、憂うつ感、不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が2週間以上続きます。



素人が外から眺めただけでは骨が折れているかどうかよく分からない時は、疑わしい部位にある骨を少しだけ圧してみてください。もしその箇所に激しい痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。

バランスの良い食事や運動は当然のことながら、心身双方の健康や美容を目的とし、特に摂りたい栄養を補うために複数のサプリメントを飲む事がまったく珍しくなくなったようなのです。

薬や酒に含まれるアルコール、合成された食品添加物等の物質を酵素で分解して無毒化する事を解毒といい、肝臓が果たすとても重要な任務のひとつだと言えるでしょう。

エイズ(AIDS)はHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症のことで、免疫不全となって些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を併発する病状を総称しているのです。

軽傷の捻挫だと決めつけてしまい、包帯やテーピングテープで一応固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施してからスピーディに整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は早く完治させる近道になるでしょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント