緊張型頭痛とは?



「時間がない」「うっとうしいいろんなお付き合いがすごく嫌だ」「先端技術や情報の高度な進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう因子はみんな違います。

緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首筋の凝り、張りによる慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい痛み」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛さ」と表現されることが多いようです。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れてから1ヶ月後、製薬市場の約80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に切り替わるような薬品もあるほど、後発医薬品は世界各国で親しまれています。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな生成活動を助けているかもしれないという可能性が見えてきました。

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)になります。



くも膜下出血(SAH)はその80%以上が脳動脈りゅうという血管が変形してできる瘤(こぶ)が破裂して脳内出血することによりなってしまう深刻な脳の病気だと多くの人が知っています。

花粉症というものは、森のスギやヒノキ、マツなどの花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を生ずる病気だということは、今や常識となりました。

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍化させたり突然変異を招く悪質な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の力をより強める性能が明らかになっているのです。

チェルノブイリ原発の爆発事故の被害者の追跡調査のデータからは、成人と比較して若い子どものほうが飛散した放射能のダメージを一段と受けやすいことがわかっているのです。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質を合成させるために欠かせない色々な酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに深く関わっている酵素など、200種類以上ある酵素を構築する成分として欠かせないミネラルの一種なのです。



耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に区別されますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスなどがうつることで炎症が発症したり、体液が滞留する病気が中耳炎というわけです。

ストレスがかかり、溜まってしまう構造や、手軽なストレスのケア方法など、ストレスについて適切な知識を学んでいる人は、今のところ少ないようです。

脂肪過多に陥っている肥満は勿論摂取する食物の種類や運動不足が素因ですが、量の変わらない食事であっても、あっというまに終了する「早食い」をすることによって体重過多に陥っている肥満を招く結果になります。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症であり、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい日和見感染や悪性腫瘍等を発症する病状そのものの事を総称しているのです。

グラスファイバーでできたギプスは、非常に丈夫で軽い上に耐久性があり、雨などで濡れてもふやけないという特長があり、いまの日本のギプスの中でも主流だと言っても過言ではありません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント