歯周病で歯の表面の骨が脆くなったら、元に戻るのは難しくなります

既に永久歯の表面の骨を脆くさせるほど症状の進んでしまった歯周病は、もし病状が落ち着くことはあっても、失った骨が元の量に復活することはないに等しいと言われています。 紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を助長する作用が特に認知されており、血中の濃度を調整して、筋肉の動作を微調整したり、骨を作り出します。 …

続きを読むread more

多くの場合は還暦を過ぎないと聴力の衰えをしっかりとは認識できません

加齢に伴う難聴においてはちょっとずつ聴力が低くなりますが、多くの場合は還暦を過ぎないと聴力の衰えをしっかりとは認識できません。 AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保有していない非医療従事者でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順通りにおこなうことで、心臓が…

続きを読むread more

花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因となる花粉の量に比例します

くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出量に比例するように酷くなってしまうという性質があるようです。 黴菌やウィルスなどの病気を誘引する病原体(微生物)が肺の中へ潜り込んで感染してしまい、肺の中が炎症反応を見せている状況を「肺炎」と断定しています。 …

続きを読むread more

ピリドキシン(ビタミンB6)の機能とは

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと薬を飲めば、普通、約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。 いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に多く、大体股間部だけに広がり、運動をしたり、風呂に入った後…

続きを読むread more

悪性腫瘍である卵巣ガンは、遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人の体をガンにさせない役目を担う物質を生産するための型みたいな遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです 体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される体調をキープするために外すことのできない…

続きを読むread more