セラピーアニマルによってオキシトシンが分泌され、ストレスの低減や癒やしに結びつきます


目と目を合わせることで、被介護者がセラピーアニマルのことをとても愛おしく思った時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを低減したり癒しに結びつくのです。


必要な栄養を万遍なく含んだ食事を1日3回とることや運動は当然のこととして、身体の健康やビューティーのために、栄養を補うために色々なサプリを飲む事が標準になっています。


基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではない覚醒状態で生命を保っていく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持など)のに要る最も低いエネルギー消費量のことを言うのです。


食事という行為は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れて数回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、そのあと人体は実に健気に活動し異物を身体に取り入れるよう努力している。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が原因で出現する湿疹で、分泌が異常をきたす要因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが関わっているのです。




チェルノブイリ原発の事故の被害者の後追い調査の結果では、成人に比べると若い子供のほうが放出された放射能の有害なダメージをより受けやすいことが分かるのです。


食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素がきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒力が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。


比較的若い世代で咳が続く結核に立ち向かう免疫を保持していない人々の割合が高くなったことや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因の集団感染及び院内感染が多くなっているようです。


メタボリック症候群であるとは言われなくても、内臓の脂肪が付いてしまう型の悪い肥満を抱える事によって、深刻な生活習慣病を招きやすくなります。


チェルノブイリ原発の事故に関する長期間に及ぶ後追い調査のデータからは、大人に比べて体の小さい子供のほうが飛んできた放射能の深刻な影響をより受容しやすいことが分かります。




平成17年2月以降新しく特保(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文章の印字が義務となった。


多くの人に水虫といえば足を思いつき、ことさら足の裏にみられる病気だという認識が広まっていますが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体のありとあらゆる部位にうつるという危険性があります。


ただの捻挫だろうと勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングで一応患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置を終えたら素早く整形外科の医師に診てもらうことが、結局は快癒への近道になるでしょう。


真正細菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホと「せき」をすることで空間に放出され、空中でフワフワ飛んでいるのを誰かが吸い込むことにより次々に感染します。


冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植術(CABG)」の2つの技法が熱心に利用されています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント