悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、遺伝子の以上で起こる病気です



悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば人体を癌から保護する役目を担う物質を生み出すための金型である遺伝子の異常で起こってしまう病気です。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が誘因で出現する湿疹で、皮脂分泌が乱れる要因としては男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の欠乏等が大きいと言われています。

鍼灸の鍼を患部に刺してもらう、というダイレクトな幾多の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという通称の謂わば電気信号伝達を発起させるという見解が一般的です。

暴飲暴食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的なストレス、高齢化といった多様な素因が集合すると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症すると考えられています。

30才から39才までの間に更年期になったとしたら、医学用語で表すと「早発閉経(POF)」という女性疾患を指します(日本においては40歳未満の女性が閉経する状態をPOFと呼んでいます)。



よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が細くなり、血液の流れが途切れ、大事な酸素や栄養が心筋まで送られず、ほとんどの筋繊維が壊滅状態になってしまう怖い病気です。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が発生することがあるので急を要する重病とは限りませんが、例外として発作が次から次へと出るケースは楽観視できません。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは断言されなくても、内臓脂肪が多めに付着する手合いの悪質な体重過多になってしまうことにより、いろんな生活習慣病を発症しやすくなります。

HIVを保有した精液や血液の他、腟分泌液や母乳といった類の体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口に接触すれば、HIV感染の危険性が高くなるのです。

薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品の添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する作用の事を解毒と称しており、肝臓が果たす主要な機能の一つと言えるでしょう。



生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)にあるインスリンの源であるβ細胞が壊れてしまい、あろうことか膵臓からほとんどインスリンが出なくなって発症してしまうというタイプの糖尿病なのです。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力のきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つになっています。

脂溶性であるV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのをサポートする機能で広く知られており、血中のCa濃度をコントロールし、筋繊維の機能を適切に操作したり、骨を生成したりしてくれます

ロックミュージシャンのコンサートの開催されるホールやディスコなどにある大きなスピーカーの真ん前で大音量を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言うのです。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを支える作用で有名であり、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の活動を微調整したり、骨を生成したりしてくれます



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント