栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことは言わずもがな



栄養バランスの優れた食生活や体を動かすことは言わずもがな、体の健康やビューティーを目的とし、食事とは別に色々なサプリメントを使用する事がまったく珍しくなくなってきていると言われています。

物を食べる時は、食べる物をなんとなく口へ運んで数十回咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後も人体は本当に健気に機能して異物を人体に取り入れるように励んでいるのだ。

もう歯の表面のエナメル質を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、残念ながら炎症自体が治まることはあっても、失った骨が元通りに復元されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。

くも膜下出血(SAH)はその8割以上が「脳動脈瘤」と言われる脳の血管の不要な瘤(こぶ)が破裂して出血することが要因となって発病する深刻な病気だと多くの人が認識しています。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関するその後の後追い調査の結果をみると、成人に比べて体の小さな子供のほうが拡散した放射能のダメージを受けやすくなっていることが分かります。



生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまい、残念なことに膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまい発病してしまうという種類の糖尿病です。

ともすると「ストレス」というものは、「消すべき」「除去すべきもの」と考えがちですが、本当のところは、我々人間は大小のストレスを体験するからこそ、生活し続けることができているのです。

一見すると「ストレス」というのは、「無くすべき」「除外すべき」と敬遠しがちですが、実のところ、私達は大小のストレスを経験するからこそ、生き延びていくことが可能になります。

エイズはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症の事で、免疫不全に至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍を併発する病状そのものを指し示しているのです。

暴飲暴食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身両面のストレス、高齢化といった多様な因子が融合すると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が落ちたりして血糖値が高くなる2型糖尿病に罹患します。



子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると太目で短めの形であり、加えて水平に近いため、細菌が入りやすいのです。幼い子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。

肝臓を健康な状態にキープするには、肝臓の解毒作用が落ちないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓を老化させない対策を地道におこなうことが必要なのです。

我が国における結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」に従ってなされてきましたが、半世紀が経過した2007年から違う感染症と等しく「感染症法」という名の法律に基づいて実行されることに決定したのです。

様々な花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足の状態に陥り、翌朝目覚めてからの諸活動に悪いダメージを与えるかもしれないのです。

骨折したことにより多量に出血した場合、血圧が急降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識喪失などの色々な脳貧血の症状があらわれる場合もあります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント