アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が満了してから4週間後には市場の8割がジェネリック医薬品ということも

健康-46.jpg


アメリカやヨーロッパ各国においては、新薬の特許が満了してから4週間後には、市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更される薬品もあるほど、ジェネリックは世界で親しまれているという現実があります。

筋緊張性頭痛は仕事や勉強などでの肩凝り、首の凝りから来る慢性頭痛で、「締め付けられる強烈な痛み」「頭が重苦しいような酷い痛さ」と言われています。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならば人間の体を癌から保護する役目を果たす物質を分泌するための鋳型ともいえる遺伝子の異常が引き金となって罹患する病気だということが分かっています。

学校・幼稚園などの団体生活をするに当たって、花粉症の症状の為に他のみんなと同じように外で思いきり身体を動かせないのは、本人にとっても辛いことです。

500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、狭心症を代表とするいろんな病気を誘引する可能性があるのです。



子どもの耳管の作りは、大人の耳管と比較して幅があって短めで、尚且つほぼ水平になっているため、細菌が入りやすいのです。小さな子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、これが原因です。

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、ダメージに強くて重くないのに長期間使うことができ、水に濡れても使い続けられるというメリットがあり、現在採用されるギプスのメインと言われています。

数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、非常に強くて軽いのに長く使うことができ、水に濡れてしまっても大丈夫という長所があり、今の日本のギプスの王道だと言っても過言ではありません。

常識的には骨折を起こさない位の弱い力でも、骨の同じエリアに何度も繰り返し次から次へとかかってしまうことにより、骨折する事もあり得るようです。

普通なら骨折を起こさない程の僅かな圧力でも、骨のある決まった所に何度も休みなく力が加わることにより、骨折が起こってしまうことがあるようです。



通行中の交通事故や屋根からの滑落など、かなり強い負荷が身体にかかった場合は、複数個所に骨折が起こってしまったり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、重症の時は内臓が損傷することもままあります。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人の体の中の脂肪の占めているパーセンテージのことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight、kg)×100」という計算で算出することができます。

ハーバード医科大学の研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用することで、恐ろしい直腸癌の危険性を約半分も減少させることができたとのことだ。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では大体「大動脈バルーンパンピング法」に加えてグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術」という2種類の手術の方法が精力的に活用されています。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなってしまった後に購入できて、新薬と変わらない成分で金銭的な負荷が少なくて済む(クスリ代の廉価な)後発医薬品のことを指します。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント