インキンタムシはカビの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの部分に感染する病気

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われており、カビの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの部分に感染し、棲みついてしまう病気で俗に言う水虫のことです。 アルコールを分解する肝臓に脂肪やコレステロールが付いた脂肪肝(steatosis hepatis)は、糖尿病等々多種多様な疾患を誘発するかもしれま…

続きを読むread more