テーマ:健康

ピリドキシン(ビタミンB6)の機能とは

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと薬を飲めば、普通、約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。 いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に多く、大体股間部だけに広がり、運動をしたり、風呂に入った後…

続きを読むread more

悪性腫瘍である卵巣ガンは、遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人の体をガンにさせない役目を担う物質を生産するための型みたいな遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです 体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される体調をキープするために外すことのできない…

続きを読むread more

緊張型頭痛とは?

「時間がない」「うっとうしいいろんなお付き合いがすごく嫌だ」「先端技術や情報の高度な進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう因子はみんな違います。 緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首筋の凝り、張りによる慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい痛み」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛さ」と表現されることが…

続きを読むread more

ナイアシンは、二日酔いの元凶と考えられている物質の無毒化に携わっています

音楽の公演の開催される会場やディスコなどに設置された非常に大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞き続けて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言います。 体脂肪量は変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減する際は、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fa…

続きを読むread more

子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、細菌が入りやすい形状をしているから

子どもの耳管は、大人のそれに比べると太くて短い形状で、かつ水平に近いため、様々な細菌が入りやすいのです。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが原因です。 メタボリック症候群であるとは言われなくても、臓器の脂肪が溜まる手合いのよくない体重過多を持っていることにより、深刻な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。 体脂肪量に変…

続きを読むread more

軽症と自己判断してしまうと、回復が遅れたり根治しない恐れもあります

軽傷の捻挫だろうと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施してからすかさず整形外科へ向かうことが、早く根治させる近道になるでしょう。 年齢を重ねることが原因の耳の遠さはゆっくりと聴力が落ちるものの、大半の人は還暦過ぎまでは耳の悪さを確信を持って把握できません。 食中…

続きを読むread more

ブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物と肝臓から分泌される解毒酵素の発生との因果関係

フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の自然な発生を促しているかもしれないという因果関係が見えてきたのです。 拡張期血圧90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に大きな負担がかかった挙句、体…

続きを読むread more

セラピーアニマルを愛おしく感じることで分泌される「愛情のホルモン」

World Health Organizationは、人体に有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害を起こすとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを利用する活動の禁止を世界各国に推奨しています。 ブラッシングなどで、当事者がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと感じることで「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキ…

続きを読むread more

耳鳴りは、本人にしか聞こえないものと他人にも聞くことができるものがあります

耳鳴りは分類することができて、本人にしか感じられないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人に加えて他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると聞くことができるらしい「他覚的耳鳴り」があるのです。 脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできた不要なコブが裂けてしまう事が原因となって起こ…

続きを読むread more

ポリフェノールに代表されるスルフォラファンという揮発性の物質について

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の物質について、肝臓に存在する解毒酵素の順調な生成活動を促しているのではないかという可能性が判明してきました。 食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、人間関係などのストレス、加齢など多様な因子が融合すると、インスリン分…

続きを読むread more