ポリフェノールに代表されるスルフォラファンという揮発性の物質について


ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の物質について、肝臓に存在する解毒酵素の順調な生成活動を促しているのではないかという可能性が判明してきました。


食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、人間関係などのストレス、加齢など多様な因子が融合すると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。


明るくない場所では光量不足により見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに多くの力が必要になってしまい、結果的に明るい場所で物を見るよりも疲れるのが早くなるといえます。


お酒に含まれるアルコールやお薬、化学調味料を始めとした食品の添加物等を分解し、無毒化する働きの事を解毒と称しており、肝臓が果たす大事な務めの一つだということは間違いありません。


耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの草木の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。




昨今、比較的若い世代で感染症の一種である結核に対抗できる免疫力、すなわち抵抗力の無い人々の割合が高いことや、自己判断のために診断が遅れることによる集団感染や院内感染が増えています。


生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌しているβ細胞が壊されてしまったことで、その膵臓からはインスリンがほぼ分泌されなくなり発症してしまう糖尿病なのです。


毎日の規則正しい暮らしの保持、暴飲暴食を控えること、無理のないスポーツなど、一見アナログともいえる身体への注意がお肌のアンチエイジングにも役立つのです。


急に発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は激烈な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38℃以上の高熱が出るのが相違点です。


食中毒の原因にもなるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒力が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が存在します。




普通は水虫といえばまず足を想像し、中でも足指の間にみられる皮膚病だという認識が広まっていますが、白癬菌が感染する所は足だけに留まらないので、人の体ならどこにでも感染するという危険性があるので注意してください。


乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわる新しい手段として、となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種するという個別接種という形になりますのでご注意ください。


耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者と他の人にも精度の高いマイクロホンを使用したりすると響いていると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。


薬、酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの物質を酵素で分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、肝臓の担う非常に大切な役目のひとつだということは間違いありません。


酒類に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、ゆううつな宿酔によく効きます。辛い二日酔いの誘因物質といわれるエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも力を発揮しているのです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント