悪性腫瘍である卵巣ガンは、遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです


悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人の体をガンにさせない役目を担う物質を生産するための型みたいな遺伝子の異常が引き金となり発症してしまうとのことです


体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される体調をキープするために外すことのできない栄養素までもを欠乏させる。


体脂肪量には変動がなく、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上昇するのです。


気分障害の一種であるうつ病は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、強い憂うつ感、不眠倦怠感、疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が見られます。


触れあいなどで、高齢者がセラピーキャットのことをとても愛おしいと思うと「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを緩和したりヒーリングに繋がります。




折り目正しい日常生活の継続、食べ過ぎないこと、適度な軽い運動やスポーツなど、一見アナログともいえる自分の身体への意識が老化防止にも活用されるということです。


UVB波は、UVA波より波長が短いという性質があるためオゾン層を通る際に一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、肌に良くない影響を与えています。


インキンタムシというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌というかびが股間や陰嚢、臀部などの部分に何らかの理由で感染し、寄生してしまう感染症のことで水虫です。


お年寄りや慢性的な疾患を持っている方は、殊に肺炎にかかりやすくて完治までに時間がかかる傾向が見られるので、予防する意識や迅速な処置が肝要です。


胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・酒類・体重過多などのライフスタイルの悪化、ストレスなどに縁って、近年日本人に増加しつつある病気だといえます。




お年寄りや慢性的な病気を患っている方などは、際立って肺炎に弱くなかなか治らないという特徴があるため、予防する意識や早め早めの手当が重要だといえます。


アミノ酸のグルタチオンには、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪質な物質を身体の内部で解毒し、肝機能を促進するような力が分かっています。


ともすると「ストレス」というのは、「消すべき」「除外すべきもの」と敬遠しがちですが、実を言えば、私たち人は多種多様なストレスを感知するからこそ、生き続けることが可能になるのです。


ポリフェノール最大の特長は水溶性であるビタミンCやV.E.などとは性質が違い、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ効果に優れています。


「体脂肪率」というのは、体の中の脂肪の付いているウェートのことを言い、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」というシンプルな数式で表すことができます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント