ピリドキシン(ビタミンB6)の機能とは


胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと薬を飲めば、普通、約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。


いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に多く、大体股間部だけに広がり、運動をしたり、風呂に入った後など体がポカポカ温まると強いかゆみを感じます。


ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーを活用するのに必要な回路へ組み込ませるために輪をかけて化学分解することを支える機能もあるのです。


WHO(World Health Organization)は、人体に有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患をもたらすとして、18歳以下の若い人が日サロを使う行為の禁止を強く先進国に提起しています。


汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足の裏、または指と指の隙間などにプツプツとした水疱がみられる病状で、おおむねあせもと呼ばれており、足裏に出現すると水虫と早とちりされる場合もままあります。




強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材のような役割を持っている椎間板(ツイカンバン)という円形の組織が飛び出してしまった症例のことを指します。


めまいは起こらないのに、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴を何度も繰り返すケースを区別して「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という名前で診断するケースもあるとのことです。


植物中に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓に存在している解毒酵素の機能的な製造活動を促進しているかもしれないという可能性がわかってきたのです。


過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的なストレス、高齢化などの複数の素因が絡むと、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが衰えたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。


明るくない所だと光不足のためものを見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに多くのエネルギーが利用され、結果的に光の入る場所でモノを眺めるよりも疲れるのが早くなるといえます。




お薬やアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の果たす最も大切な役目の一つだと言えるでしょう。


春に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、ブタクサなどの様々な植物の花粉が原因となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を招く病気だということは、今や常識となりました。


現在、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力を保有しない人達が増えていることや、自己判断のために診断が遅れることに縁る集団感染及び院内感染の発生頻度が高いようです。


生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に内在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、結果として膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなることによって発症してしまうというタイプの糖尿病です。


折り目正しい穏やかな生活の保持、腹八分目の徹底、軽いスポーツ等、アナログとも言える身体への気配りが肌の老化防止にも関係しているのです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント