多くの場合は還暦を過ぎないと聴力の衰えをしっかりとは認識できません

健康-耳3.jpg


加齢に伴う難聴においてはちょっとずつ聴力が低くなりますが、多くの場合は還暦を過ぎないと聴力の衰えをしっかりとは認識できません。

AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保有していない非医療従事者でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順通りにおこなうことで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効き目をみせます。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失われてしまった後に販売され、等しい成分で経済的負担を低くできる(薬の金額が廉価な)後発医薬品のことを指します。

流感、即ちインフルエンザに対応する予防テクニックや医師による処置を含めた原則的な対策そのものは、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのです。

環状紅斑とは輪状、要は輪っかのようなまるい形をした紅い色の発疹・湿疹や鱗屑など、皮ふ症状の総称であり、その理由はまさしく多種多彩だということができます。



生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)の血糖値を左右するβ細胞がダメージを受けてしまったことにより、結果的に膵臓からほとんどインスリンが出なくなってしまって発病してしまうという種類の糖尿病なのです。

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引するような悪質な物質を身体の中で無毒化し、肝臓の動きを促す役目が明らかになっているのです。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、体の中の脂肪が占有している率のことを言い、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式によって表すことができます。

内臓に脂肪が多い肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2個以上該当するケースを、メタボ(メタボリックシンドローム)と言っています。

「肝機能の衰退」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値でモニタリングできますが、近頃肝臓の機能が低下している人数が徐々に増加していると言われています。



触れ合うことで、入居者がセラピーアニマルのことを愛おしいと思うことによってホルモンのオキトキシンが多く分泌され、ストレスを減らしたりヒーリングに繋がっていくのです。

筋緊張性頭痛はPC使用などによる肩こり、首筋のこりから来る慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛さ」「ドーンと重苦しいような頭痛」と言い表されることが多いようです。

マスクが欠かせない花粉症とは、杉や檜、蓬などの木や草の花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を主訴とする病気であることは言うまでもありません。

緊張型頭痛とは仕事や勉強などでの肩凝り、首凝り、張りが素因の慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い痛さ」「頭が重いような耐え難い頭痛と表現されることが多いようです。

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事の欧米化や喫煙する事・酒類・肥満等の生活習慣の変化、ストレス等により、殊に日本人に多いという病気の一種です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント