歯周病で歯の表面の骨が脆くなったら、元に戻るのは難しくなります



既に永久歯の表面の骨を脆くさせるほど症状の進んでしまった歯周病は、もし病状が落ち着くことはあっても、失った骨が元の量に復活することはないに等しいと言われています。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を助長する作用が特に認知されており、血中の濃度を調整して、筋肉の動作を微調整したり、骨を作り出します。

ピリドキサミンは、あのアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に欠かせない回路に組み込ませるためになお一層クラッキングすることを助長するという働きもあると言われています。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を持っていない一般人でも使用する事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する応急処置の効き目を実現します。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に高い発熱が通例です。



体脂肪の量はさして変化がみられず、体重だけが食事や排尿などで短時間で増減するケースでは、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が上昇します。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果から、ワクチンの予防接種効果が見込まれるのは、注射した日のおよそ2週間後からおよそ5カ月位ということが分かっています。

ともすると「ストレス」というものは、「消すべき」「除去すべきもの」ものとされていますが、その実、人間は多種多様なストレスを受けるからこそ、生活していくことが可能になっています。

ハーバード医科大学の研究結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の発病リスクを半分も減少させたという。

バイキンやウィルスなど病気を生む微生物(病原体)が口から肺の中に潜り込んで発病し、肺の内側が炎症を起こした病状を「肺炎」と診断しています。



チェルノブイリ原発事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、大人と比較して若い子供のほうが分散した放射能の悪い影響をより受容しやすいことがわかっているのです。

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人以外の人にも高品質なマイクロホンなどをあてると感じる点が特徴の「他覚的耳鳴り」があるのです。

20才代、30才代で更年期になったら、医学的な用語で表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患に当てはまります(この国の場合は40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と称します)。

流感とも呼ばれるインフルエンザに対応した予防テクニックや医師による処置を含めた必然的な措置自体は、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザでも一緒です。

体脂肪の量には変動が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより短時間で増減する時、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が上昇するのです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント