花粉症から睡眠不足になり、仕事に影響することも

杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが主因で慢性の睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからの仕事に悪い影響を及ぼすこともあるのです。 アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後、市場のおよそ80%がジェネリック(後発医薬品)に取って代わるという飲…

続きを読むread more

緊張型頭痛とは?

「時間がない」「うっとうしいいろんなお付き合いがすごく嫌だ」「先端技術や情報の高度な進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう因子はみんな違います。 緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩こり、首筋の凝り、張りによる慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい痛み」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛さ」と表現されることが…

続きを読むread more

ナイアシンは、二日酔いの元凶と考えられている物質の無毒化に携わっています

音楽の公演の開催される会場やディスコなどに設置された非常に大きなスピーカーのすぐ側で大きな音を聞き続けて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言います。 体脂肪量は変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減する際は、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fa…

続きを読むread more

子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、細菌が入りやすい形状をしているから

子どもの耳管は、大人のそれに比べると太くて短い形状で、かつ水平に近いため、様々な細菌が入りやすいのです。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが原因です。 メタボリック症候群であるとは言われなくても、臓器の脂肪が溜まる手合いのよくない体重過多を持っていることにより、深刻な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。 体脂肪量に変…

続きを読むread more

軽症と自己判断してしまうと、回復が遅れたり根治しない恐れもあります

軽傷の捻挫だろうと勝手に自己判断して、湿布をして包帯やテーピングなどで患部を適当に固定し、様子を窺うのではなく、応急処置を施してからすかさず整形外科へ向かうことが、早く根治させる近道になるでしょう。 年齢を重ねることが原因の耳の遠さはゆっくりと聴力が落ちるものの、大半の人は還暦過ぎまでは耳の悪さを確信を持って把握できません。 食中…

続きを読むread more

ブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物と肝臓から分泌される解毒酵素の発生との因果関係

フィトケミカル(phytochemical)の仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の自然な発生を促しているかもしれないという因果関係が見えてきたのです。 拡張期血圧90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に大きな負担がかかった挙句、体…

続きを読むread more